リレーフォーライフin広島2010

リレーフォーライフに参加します。
よかったら、参加しませんか?
*サイン会を、9月19日14時から行います。
↓↓詳細はこちらをクリック↓↓
『リレーフォーライフin広島2010』
『リレー・フォー・ライフとは・・・』
1985年にアメリカ・ワシントン州シアトル郊外で、アメリカ対がん協会のゴルディー・クラット医師が始めたイベントです。
マラソンが得意なクラット氏が大学の陸上競技場を24時間回り続けるなか、友人たちは30分間だけ医師と一緒に回るごとに25ドルずつ寄付しました。
その結果、1日で2万7千$が集まりました。
参加者を増やすために翌年からは医師、患者やその家族、友人が数人ずつのチームを組むリレー形式になりました。
24時間歩き続けるなかで、参加者の間にがんと闘う連帯感が生まれたのです。
単なる資金集めのイベントとしてではなく、地域社会全体でがんと闘うための連帯感を育む場として、リレー・フォー・ライフは大きく広がり、現在では全米4000カ所以上、世界20ヶ国以上で行われるようになりました。
日本では、2006年に初めて茨城県つくば市で開催され、2007年は国内で2ヶ所、2008年は7ヶ所、2009年では24ヶ所で予定されており、リレー・フォー・ライフの輪が着実に広がっています。
(リレーフォーライフのサイトから引用しました。)